山羊座的解釈で

Maribrengaëlです。

2019年が始まりました。今年もよろしくお願いします。と言っても、かなりスッとした年末年始でびっくりしています。すごく切り替わりをハッキリ感じる年末年始もあるのですが、NHKの紅白が終わり、京都かどこかのお寺のボーンという鐘の音と共に「ゆく年くる年」に切り替わるあのタイミングでさえ、特別に時を刻んでいる感覚がしなかったのです。もはや暦よりも宇宙のリズムのほうが体に沁み込んでいるのかもしれないですね。


この時期、私がインスピレーションのひとつにしている地元の山の木々が、星や月の光に白く光っているのを見るのが好きです。雪の降らない静岡ならではかもしれませんが、この「しぶんぎ座流星群」がやってくる頃は特に、低い位置の星が枝に引っかかっているかのように見え、冴えた空気にキラキラ光ります。そのため、山全体が白く浮き上がって真夜中のちょっと不思議な景色を眺めるのが好きなのです。でも研ぎ澄まされているのは空気だけでなく、私たちもなんですよね。やはり、初詣をしたり、誰かに新年の挨拶をしながら、色々なところで決意を新たにしたり、目標を掲げたりして1年の中で一番研ぎ澄まされている時期。そしてあまり実感のない年越しを過ぎ、その研ぎ澄まされの最大ポイントはこれからやってきます。


流星群が去った宇宙では、本日1/6の山羊座新月にて、部分日蝕が起こります。その後、1/21の獅子座の満月には、部分月蝕が起こります。このように、しばらく宇宙では派手な天体ショーが続きますが、そんな中やっと「これが2019年ってやつか…!」と実感する人が多いでしょう。今年は、山羊座という「真面目、現実的、実利主義、努力etc」という性質が影響する日蝕新月からのスタートなので、社会全体がフワフワせず、地に足がついている、現実的な部分がクローズアップされます。ロマンチックな「天体ショー」そのものよりも、そんな真意のほうが重要なのも、いかにも「山羊座」っぽい。そして、それは2018年とは正反対の感覚なのでよりくっきりと感じるはずです。宇宙が何か仕掛けてくる時は、必ずそこには大きな意味があります。今年は、この先も様々な天体ショーが待ち構えていますが、一歩進んでそんな宇宙との付き合い方をしていくのもよいかもしれません。「山羊座の新月」で始まり、「山羊座の新月」で終わる2019年。スタートです。

Les Chronovoyageurs...

※ 日本時間1/6 10:29 に新月となります。

関連動画

★【宇宙詠みMTG】2019年 すべての星座に影響を及ぼすのは◯◯座

★【宇宙詠みMTG】月を味方につける方法とは?

森羅万象の聲 The Voice of The Universe

宇宙詠みのMaribrengaëlとスピリチュアルカウンセラーのNaoyaの共同運営による情報発信のメディア。惑星の動きや配置、星座、移ろう季節の空気感。ここではそういったつかみどころがなくて見過ごしがちな、だけどとても大切なことを、読みものや現実的に役立つ情報として発信していきます。